家族と考える医療のこと

Just another WordPress weblog

希望ある未来へ

Posted 日曜日, 4月 15th, 2012
Posted in 未分類 | No Comments »

自分の将来を考えることがつらく苦しい時代になったようにメディアは流し続けています。もはや将来は自己実現ではなく時代と共に歩む政治や経済が鍵を握っている未来となってしまったようです。医療における将来像はどのようなものでしょうか。日本の医療制度は世界に誇るべき制度であり特に保険制度は日本人が誰でもどこでも治療を受けることができるだけではなく、その治療費の大半を負担してくれる素晴らしい制度でもあります。その医療制度も崩壊の危機を迎えようとしています。日本の負債が医療制度にあるとしてその医療費の個人負担を増やそうとしています。負担を強いられることで本来誰でも受けることができるはずである医療を受けることが出来なくなる人が出てくる懸念があります。しかし医療の将来は暗いものだけではありません。IT技術が進化した現在、将来は医療のIT化が進むと予想されています。膨大な量のカルテを電子化することで他の医者が患者のデータを共有することが可能となります。実際ヨーロッパの国では保険証自体がカルテになっており、医者はその患者のカルテを容易に見ることができ、治療の効率化を実現しています。医療IT化により患者も積極的な治療を行えるようになります。セカンドオピニオンにしてもそうです。誇るべき日本の医療制度が崩壊してしまうとこういった医療のIT化に水を差す行為になるでしょう。進化と共に進む政策やナースバンクのようなサービスも必要ですがどちらかが足を引っ張るようなものだけは避けてほしいですね。